子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
【映画】聯合艦隊司令長官 山本五十六
 聯合艦隊司令長官 山本五十六(http://isoroku.jp/)を公開初日に見ました。
この映画を見た理由は、最も大きいのはでている俳優さんのファンだった、ということなのですが、
見終わってから、すぐに感想が書けなかったので、読み進めていた原作を読んでみました。

今年の終戦記念日のあたりから、日本は戦後の混乱時からの回復途上の経過は、
軽躁状態だったから出来たのだけど、地に足がついていなかったから、
バブル崩壊後の混迷状態に陥っているんじゃないかな、と考えるようになりました。

また、戦中、戦後のトラウマがPTSDとして(その当時に概念がなかったでしょうが)の反応は、
出た人はいたのか、出なかった人、出ても治まった人は、何故そうなったのか、も
気になって、ネットで検索したことがあります。

その際、愛知県の豊川という場所で起こった大きな軍事工場を狙った爆撃についてのブログを
発見し、その中で明らかにトラウマ症状と思われる記載を発見したこともありました。

ちょっとずれましたが、映画の感想です。
日本史選択でありながら、昭和史はほとんど表面的にしか知らず、
山本五十六さん、という方も名前は知っていたけれど、詳しい人物像は全く知りませんでした。

聯合艦隊司令長官という海軍の重要な立場でありながら、
日本と英米との違いをしっかりと見極め、なんとか戦争を回避したいと考えていた人が、
あの当時いた、ということ、しかし意見を述べても、日本の力を過信していた軍人さんたち、
情報をうまく操作してそれにだまされて、「戦争は海の向こうで起こるもの」と感じ、
開戦を望んだ一般の人たち。

政府の発表(原発事故に代表されるような)への不信感、
自分の保身しか考えていないように見えたり、揚げ足を取っているようにしかみえない議員達、
今の時代も、この開戦当時と何も変わっていないように思われました。

「自分の目、耳、心を大きく開いて世界を見る」
劇中で若い新聞記者真島に言って聞かせた言葉です。
また、途中でヒットラーが日本のことをさげすんだ言葉が翻訳されず、
日本語のみを読んで、ヒットラーを尊敬する若い軍人達に、
追求するなら、元までたどりなさい、と諭す場面がありました。

日本が敗戦した、という事実は変えられず、戦争を扱った映画を見るのは、
とても勇気がいるものではありますが、大きな震災が起こった年だからこそ、
見て、考えて、それぞれが日々生きてほしいと思いました。

年末年始は読書に励もうと思っています。

映画レビュー / - / -
スポンサーサイト
- / - / -