子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
【ブックレビュー】発達障害の子とハッピーに暮らすヒント
 久しぶりのブログへの投稿です。なんと約7ヶ月ぶり!

この本は、現在研修に来ておられる精神科の男性の先生が、
院内で行っているペアレントトレーニングに参加されたお母さんのお薦め、とのことで
早速読んでみました。

ご自身、旦那さんも発達障害の傾向があり、
その4人の子どもさんが、発達障害(自閉症スペクトラム障害の診断が3名、ADHDの診断が1名)と診断されている子ども達との関わりの中から
まさに「発達障害の子とハッピーに暮らすヒント」満載の本です。

文中にも医師の言葉として出てきますが、発達障害を持つ子供への関わりは、
「一人でも大変」と常々思っていて、それを主治医をしている子どもの保護者の方に伝えています。
それを4人とは、と思うのですが、
著者である堀内さんは、育ててくれたお母さんが、育てにくさを感じながらも、
長所に目を向けて、それをご本人に伝えていたことが、
少しずつ「自尊心」を培ってきたのだ、と思いました。
(この4人の子どもさん、決して症状が「軽度」ではない、と思います。)
また、旦那さんも時にこだわりが強い時があるとはいえ、
子育てでいっぱいいっぱいになった堀内さんを、言葉や態度で支えていたこと、
それも大きなパワーになっていたことなのだと思います。

発達障害の子育てというと、PECSなどの手法が先行しがちですが、
「彼らの困り感の原因は何か?」というところに着目して、
それはどれも彼らを苦しめていることで、周囲を困らせようと思っているわけではない、と考えること、
だからこそ、一緒に対策を考えたり、子ども達に選択させるように考えたり、
とてもとても根気のいることだと思いますが、
すでにこの本が書かれたときに長女さんが21歳、一番下の三男さんが13歳であり、
苦労したやりとりの意味合いの答えも出つつある年齢をむかえておられることも、
この本から受ける納得感もあるのかな、と思います。
副題は「4人のわが子が教えてくれたこと」とありますが、
子育てとは、親育てと言うものですが、
まさしくそれを感じさせる本でした。


ブックレビュー / - / -
スポンサーサイト
- / - / -