子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
東北地方太平洋沖大地震について
JUGEMテーマ:ニュース
 
東北地方太平洋沖大地震から8日が過ぎました。
地震、津波、原発の事故と、次々と報道されるニュースの内容だけでなく、
当日、名古屋での揺れの強さから推測されていたので、
私自身が被災した阪神大震災よりもはるかに大きな災害だろう、とは思っていましたが、
ここまで…とは思いませんでした。

でも、それでも、少しずつ物資が避難所に届けられる様子や、
道路や飛行場、港の整備などが進む様子に、ほんの少しだけ安堵し、
日本の底力を感じさせるものでもあります。

とはいえ、仙台にいる友人からのメールや、
被災地支援に出向いた同僚からのメールなどからは、
現地の悲惨な状況は、まだまだ続きそうで、
私ができることはなんだろう…と考え続けています。

阪神大震災の時とは違い、ネットワークの構築もできているので、
何をしないといけないのか、ということは、個人レベルではわかりつつあります。

立場上、後方支援に徹することになりそうなので、
自分の仕事(目の前にいる患者さん)とのバランスを取りつつ、
日々、できることを1つずつやっているところです。

年度末で転勤をするため、3月最終週に少しお休みをもらって、
免許の書き換えとか、事務的なことや職場の引っ越しをしようと思っていたのを、
今日、予定をかえて免許の書き換えに行ってきました。
日曜日の免許更新はすごい人で、受け付け開始時間の45分前に到着したにもかかわらず、
行列のすごいこと。
まあ、それでも、なんとか最初の講習に間に合ったので、10時半には解放されました。

さらには、現職場により、本や書類をおもいきりたくさん持ち帰ってきました。

とにかく、東日本が少しでも早く元気になるように、
きっと名古屋にも被災された方々が来られるでしょうから、
傷ついた子ども達とのおつきあいもしていくことになるでしょう。

その準備も大切です。
日常 / - / -
スポンサーサイト
- / - / -