子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
公正なジャッジは望めないのだろうか…フィギュアの世界
日記を書こうと思いつつ、バンクーバーオリンピックの女子シングルの結果以降、
ジャッジへの不信感が強すぎて、書けませんでした。

そうこうしているうちに、世界フィギュアが終わってしまいました。

そして、やはりがんばっている選手をないがしろにする判定に、
なんともいえない気持ちになります。

中学生の頃から、ずっと見てきたとはいえ、基本素人なので、細かなことはわかりません。
前回のトリノオリンピックとその後の世界選手権の様子、
トリノ以降の日本女子、そして日本男子のレベルの向上。
それらをいろいろと考え合わせても、今回のオリンピック1ヶ月後の世界フィギュアは、
出場すること、そのことがとても精神力の強さを表し、さらにその場で自分の滑りをすること。
それを、SPとFSと両方で表すことができたのが、日本の高橋選手(男子)と浅田選手(女子)だったと思います。
それ以外の日本の選手はFSに進めた3選手は、SPかFSか、どちらかでとても良い演技を見せてくれました。
改めて、彼らの努力と精神力から元気をもらえました。
でもでも、残念なことに、それをきちんと評価されていなかったように思います。

それがはっきりしたのが、今回の女子シングル。
なぜ3アクセルという世界でも、現在の現役女子で行うことができる選手は1人しかいない技を
2回決めていながら、転倒1回、不完全なジャンプ1回など精彩を欠いたオリンピックチャンピオンより
点数が低いのでしょう。

そして、それを放映するテレビ局、解説者、その他の出演者は誰一人として疑問の声を上げないのでしょう?

それでも、浅田選手、安藤選手、鈴木選手ともに、そんなことは全く口には出さない潔さ。
ファンはわかってくれているという思いもあるのかもしれないけれど、
なんともやるせない結果でした。

オリンピックチャンピオンは、確かに高いレベルの技術を持っているとは思います。
3回転の連続ジャンプの綺麗さといえば、抜群。
でも、あのオリンピックですら、あそこまで浅田選手と差がつくとは思えない。

もう少し、公正なジャッジをしていかないと、スポーツとしてなりたたないのではないか、と思います。
とはいえ、すでに期待すらしがたい状態になっているのかもしれない…です。
ニュースから思うこと / - / -
スポンサーサイト
- / - / -