子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
【ドラマレビュー】NHK連続テレビ小説 つばさ 2回目
JUGEMテーマ:NHK連続テレビ小説「つばさ」

またまた、「つばさ」についてです。

朝ドラは、半年間かけて描かれます。
ここ最近のドラマは、だいたい3ヶ月で、10回前後で描かれることが多いですね。
あまりおもしろいな〜と思えたドラマは、本当に少ない。
学生時代、毎クール見ていたときは、結構楽しめていたのに、最近はイマイチばかり。
よかったな、と思えたのは、「鹿男あをによし」くらいでしょうか。
「篤姫」も1年ものでしたから。

それ以前にはまったドラマといえば、「エースをねらえ!」「Water Boys 3」を思い出します。

ところで、つばさ。
1回は15分ですが、コマーシャルがなくて、月曜日から土曜日までなので、1時間半。
それが、26週間続きます。
民放ドラマの、1回50分(コマーシャルあり)の10回前後とは、遙かにボリュームが違います。
民放ドラマのおもしろくなくなっているのは、起承転結がはっきりしないこと。
最終回の1回前に、盛り上がりがきて、最終回がよかった〜と思えるものが少ないのかな。

つばさを見ていると、途中、正直中だるみしかけたときもあるのですが、
前半から中盤にかけて、ストーリー展開の中で「なんで??」と思っていた様々なこと、
例えば、サンバダンサーや母親が作った通販グッズなどが、
きちんと主軸である親子の確執の解決に使われていきます。
複線が張られていて、それがきれいに回収されていくと、おもしろい脚本だな〜と思えます。

ところで、子どもをおいて出て行ったことを美化されているというような意見も見ます。
でも、決して「美化」されていない。
祖母の台詞の中でも、何度も何度も母親に向かって、「あなたが家を出て行った10年間」という言葉が出てきます。決して、軽く扱われていないません。

ただ、戻ってきたからこその今がある、というテーマなのだと思います。

失敗が取り戻せないわけではない、失敗から学ぶことはたくさんある、
そう伝えたいのではないか、と思うのです。

外来をしていると、親は子どもに失敗させないようにしようと、過干渉になったり、過保護になったり、
親の不安から結果として子どもを責めたりしていることが多く見られます。

外来で、失敗したっていいじゃない。そこから何を学ぶかが大切なんだと思う、と伝えています。
もちろん取り返しのつかない失敗がないわけではありません。
でも、それでも自分一人ががんばるのではなく、周囲と支え合って解決していけるのかも、と
思わせてくれる、またそれを素直に受け取れる自分でありたいな、と思います。

批判することは悪いことではありませんが、建設的な批判であるとよいかな〜とも思います。

後2週間で終わってしまうのは、さびしいな〜。
その後のつばさをみたいな〜、「ちゅらさん」みたいに。
ドラマレビュー / comments(0) / -
スポンサーサイト
- / - / -
Comment