子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
【映画】ジェネラルルージュの凱旋
JUGEMテーマ:邦画


さてさて、先週に引き続き、映画を見てきました。
もう見る前から、楽しみでしかたがなかった映画、ジェネラルルージュの凱旋!
前作、チームバチスタは、テレビも映画も未見です。
しかし、原作は、チームバチスタ、ナイチンゲール、そしてこのジェネラルルージュと
すべて読んでます。
原作の作者、海堂尊さんは現役の医師なのだそうですが、
あくまで原作は、ミステリーが中心。
でも、映画は監督も演じる役者さんも、現代の医療の矛盾点への怒りを
きちんと理解して、演じておられた点が、医療で働くものとして、
とても感動しました。

特に、救急センター長を演じた堺雅人さん。
もともと、篤姫の家定役で、俳優堺雅人に注目し、その後の映画はすべて見ました。
そして、役に取り組む姿勢などにも注目をしてきました。

このジェネラルという役も、演じるに当たり、現役の救命救急のドクターから
しっかりと講義を受け、医療技術も教えて貰い、役に望んだそうです。

その中で、救命救急のドクターはその医療現場が「日常である」ということに
気がつき、劇的でなく、淡々と演じようと思ったという言葉通りの演技。

でも、映画の後半でその救命救急のエキスパートでも緊張がみなぎるような状況に
なったときには、やはり人としての限界とそれを自分の中の弱さとして受け入れていること、そこから医者もあくまで人間なんだ、という人間性も感じさせてくれた。

医療の現場で働くものとしての感動と興奮を
働いていない、いわゆる患者さんやそのご家族側の人々が、
この映画を見て、どう感じて、どう医療に対して行動に変化があるのか。
そんなことに期待をしたくなる、そんな映画でした。

ぜひぜひ、必見です。

実は、各回入れ替え制でない自由席の映画館で見たため、
1回では飽きたらず、続けて2回、見てしまいました。
でも、
2回とも泣けました。

映画レビュー / comments(1) / -
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








こんにちは、初めまして。
稚拙当ブログでこちらの記事を紹介させていただきました。
トラックバックを受け付けていらっしゃらないようなので、こちらにて御報告させていただきます。
from. かみぃ@未完の映画評 / 2009/03/09 1:30 AM