子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
【ドラマレビュー】篤姫


日曜日の夜の楽しみは、「篤姫」です。
私は、大奥などのドラマは未見で、久しぶりの大河ドラマ。
大河ドラマって、ちょっととっつきにくい…と思っていたのですが、
この「篤姫」は、主演が宮崎あおいちゃんという若い女優さんということもあり、
テーマも広い意味でホームドラマ、なため見やすい。

篤姫という人物についても、いろいろと知りたくなるそんなドラマです。
彼女だけでなく、彼女に関わる人物、例えば夫とのある第13代将軍家定。
篤姫の中では、堺雅人さんが演じておられます。
歴史上の人物の人物像については、史実がはっきりしていない面もあり、
特に将軍ともなれば、真偽のほどは定かではありません。
この家定という人物には、脳性麻痺という定説もあるようですが、
ドラマの中に家定は、「暗愚」を演じているようにしかみえない。
また、周囲の家臣達も、そのことを見抜いているようで、測りかねている、
そんなやりとりが想像力をかき立てていて、とても興味深い。

篤姫という人物も、約150年という歳月の長さをどう感じるか、にもよるのだけれど、
いわゆる士農工商の時代、差別があたりまえだった時代に、
薩摩藩の分家の娘という立場から、将軍の奥方になる中で、
自分の両親ですら、自分よりも遙かに下の立場となってしまう運命。
本来ならば、それを受け入れることに時間がかかるのかもしれないけれど、
(現代に生きているものならば、そう思う。)
実際、その時代に生きていた人間にとっては、受け入れてしまえる常識。

そう考えると、我々が考える常識なんていうのは、
文化とか、世相に、簡単に操作されるものであり、変わるものであり。

最近、外来で「普通」と言い切る子どもたちに、こういうことを伝えるにも
良いドラマなのかもしれないなぁと、思うのですが。

戦前、戦後だけでも、随分と違い、さらに現代となるともっと変化が大きい。
普通…なんていう言葉の意味が、重さが減って欲しいと思うものです。
ドラマレビュー / comments(0) / -
スポンサーサイト
- / - / -
Comment