子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
八重山商工ナインの今後
春に黒島へ行ったときに、八重山商工の試合を
民宿「のどか」で一緒になって、熱狂的に応援して以来の八重山商工ファンです。

彼らのこと、それからいろいろと知りました。
石嶺監督は、主選手達とリトルリーグ時代からのつきあいで、
野球の技術以外に、人として大切なこと(言葉遣いや態度など)を、
一生懸命教えてきたようです。
昨年は、喫煙騒動などもありましたが、それも乗り越えるだけのナイン間の絆が
あったのでしょうか。
10年以上のつきあいだそうです。
けれど、これから先は、プロや社会人として野球を続ける人もいれば、
新しい目標(ある選手は保育士と言ってました)を見据えて、野球から離れる人。

高校卒業時に、そこまで未来のこと、ちゃんと見据えてなかったな、と改めて思います。
私の場合、高校時代は必死に回りの人達についていってました。
当時、学業面では県下トップと言われた高校に在籍していましたが、
学業面というよりは、人として尊敬できたり、面白いと感じさせる面々に囲まれてました。とにかく、そこにいるだけで刺激を受ける日々。
担任のK先生も、そんな個性的な彼らを十分に好きなようにさせているように見せて、
上手く乗せることができた個性的な先生だったこともよかった。

学業面、ぎりぎりで入学して、特に個性的でもなかった私は、
とにかくいっぱいいっぱいで、その面白い人達の輪の中にいたように思う。
だから、当時進路先を決めるときも、
医者になりたいと思ったことはなく、「人と関わる仕事がしたい」という思いだけ。
当時、社会と数学、物理は得意、国語と社会はてんでだめ、という典型的理系少女。
周囲は、4年生大学(東大とか、京大とか、医学部とか)にいくのが普通の世界の中、
理系の学部の中から、「人と関わるなら医学部しかないな」と。
けれど、その頃読んだとある本の影響で、医者にだけはなりたくない、という思いを
自分の中で、「中に入れば見方が変わるかも?」という単純な思いだけで、医学部志望に。
医学部に入ってみて、いろんな意味で「向いてないのかも?」という思いを抱きつつ、
それでも、再度受験をするしんどさを考えたら、
「向いてないなんて、単なる我が儘」と言いくるめて、
とにかく、医者になるのに6年間かかったのだから、最低6年間は医者として働こう、と
心に決めて、それだったら、子どもの頃に大好きだった小児科の先生みたいになれれば、
と思い、「きつい、大変」などと人が避けるような小児科医を選んだ。

小児科医になってからは、とにかく目の前のことを一生懸命にがんばった。
がんばるという根性だけは、人に負けないという自信は、今もってあるのかも。
たくさんの子どもたちや、その親達から、教えてもらえることの大きさも
十分に私を伸ばしてくれたことには、本当にありがたいと思っている。

そして、決して自分一人でなしえたことはなく、
同僚のドクターや看護師さん達、その他の医療従事者の方達の力なくしては、
いろんなこと、できなかったというのは、まぎれもない事実。

けれど、何か落としてきたものがあるような気がします。
社会人だからのさみしさなのか、ずっと中心がはっきりしない。
仕事だけでよかったのかな?という思いがついてまわります。

今回、とある出来事を通じて、その思いばかりが強くなってしまってます。

じゃ、どうしたらいいんだろう?
その方法は、わからないなあ。
ひとつだけ言えることは、決して強くないよ、私。ってことだけ。
ニュースから思うこと / comments(2) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








初めまして♪
私もこの春八重山行って以来、このブログを見つけて
八重山&八重山商工&くり坊さんのファンです。笑

今は東京で薬剤師してます。
同級生達が製薬会社へ就職が多い中、人と関わる方が面白いかなと思ってとりあえず薬剤師をすることにしました。
働き始めて日々薬剤師ってなんなのか?薬剤師として(?)患者さんに役に立つとはどういうことなのか??と悩みながら働いてます。
当然ドクターの方が責任は重大ですし、処方箋あっての薬剤師なんですけど、中にはこの患者さんにこの薬??医者はちゃんと患者の話を聞いてるの??みたいなことがあると(すいません、生意気なこと言って)私自身が医者不信になってしまうことがあって・・・・くり坊さんのような考え方をここで読ませて頂くとすごく励みになります。
(ごめんなさい、このブログもくり坊さんの一面であって私にそのように思われても迷惑かもしれませんが・・)

長くなっちゃいましたが、いつかコメントしたい!と常々思ってたので書き込ませていただきました。
まだまだ未熟者で、周りに感謝できる余裕を持ち合わせていない私ですがこのブログ楽しみにしてます!

from. チロコ / 2006/09/22 2:10 AM
チロコさん、はじめまして。

薬剤師さん、なんですね。
医薬分業が進み、薬剤師さんも直接患者さんと関わる機会が増えていて、ひとつひとつの言葉が患者さんには大きな励みになると思いますよ。

なんていうんだろう、薬の本に書いてあるような作用や副作用を伝える中にも、ちょっとした言葉の意味って、
とても大きいと思います。

また、薬剤師さんとのやりとり、ドクターとして得られにくい情報を提供していただくことも多いです。
ぜひ、関わっているドクターの中で話しやすそうな人を見つけて、どんな思いで患者さんと接しているのか聞いてみると、意外と医者不信が減るかもしれません。

今回、チロコさんのコメント、
ちょっと弱っていた私にとってはとても大きな意味を持ちました。
ありがとうございます。

私のファンだなんて言って頂くと、ちょっと照れちゃいますが、ブログを読んで共感していただけると嬉しいです。
八重山&八重商好きということで、きっと共通点があるのでしょうね。
これからもよろしくお願いしますね!
from. くり坊@管理人 / 2006/09/22 5:30 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。