子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
舌癖
という言葉を、今回初めて知りました。
矯正歯科で教えてもらったのですが、
この矯正歯科さん、今まで2度の治療はなんだったのか…と思うほど、
親切にいろいろと教えてくれます。

小学校や高校時代なので、教えても理解できないと思われたのか、
はたまた、患者さんへの説明はきちんとしなくてもよい時代だったのか。
よく考えてみると、あれだけ通った割には、歯の磨き方とか、
ちゃんと教えてもらったことなかったような気がします。

大阪で一般歯科に通っていた3年前から、
ちゃんと歯の磨き方を習い、随分と意識は向くようになってきました。
そして、今回改めて、自分が当然と思ってやってきた口腔内のこと、
間違っていたんだな〜と、実感しました。

舌癖というのは、ふだん歯が上顎部の「スポット」と言う場所になく、
前歯を押している状態のようになっていること、らしいです。
私の場合は、慢性鼻炎の状態が長かったことも原因のひとつかもしれません。
歯並びが悪いことは、別の要因もあるにしろ、悪化要因のひとつに舌癖もあるのかもしれません。
それにしても、ネットで調べてみると、まさに当てはまること多し。
正常の嚥下とか、調べてみると面白いのね。

歯ぎしり、多発する口内炎など、実は口腔内のトラブル多いのですが、
虫歯と違って歯科にかかるほどではないし、
仕事が忙しいとほっておいたこともあったのですが、
今回いろんなことちゃんとなおすのによい機会かもしれない。

これが上手くいったら、兄にも教えてあげようと思う。
たぶん、かなり近い癖を持っているものと思われるから。

来週あたりに一本抜歯して、それから装置が装着となるみたいです。
そして、それとともに口腔筋機能訓練も行って、舌癖をなおすことも
同時進行で行っていきます。
過去の遺産の矯正によって歯が既に足りない状況なので、
本当は外科手術を薦められましたが、
残念なことに、3週間もお仕事休めるわけもなく…。(泣
先生も「そうだよねー、無理だよねー、といいつつ、あなたのためには手術がベストなんだけどねー」と言いながらも納得してくれました。

始まったらいろいろと大変なんだろうけれど、
これもアンチエイジングのひとつと考えて、取り組んでいくのです♪
矯正日記 / comments(2) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








私も歯並びは悩みのタネです。
矯正は何度か相談に行きましたがが抜歯する
勇気がなくて、結局してないままです。
歯って身体全体の健康のためにとっても重要だもんね。
勇気をだして矯正しておけばよかった・・と
思うこのごろです。
from. うたこ / 2006/05/22 11:55 PM
今の年齢でも、全然遅くないと思うよ。
実際、矯正専門歯科では、大人ばっかりで、
びっくりしたけれど、今は年齢は関係ないみたい。
それより、歯並びが悪いのって、
みかけだけでなく、それ以外の意味もあるし、
自分の歯を末永く大切にする意味もあるので、
今回矯正をしよう、と一大決心をしました。
私も抜歯は怖いです。しかし、すでに過去の矯正でいっぱい抜いているので、今回は随分と考えてくれて、一本だけです。
本来は外科手術の方を薦められて、一本も抜かない方がよいと言われたんだけれどね。
仕事を持つ身は、なかなかつらいけどねー。
from. くり坊@管理人 / 2006/05/23 1:52 AM
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。