子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
エースをねらえに次ぐ
実写化ドラマ、「アタックno1」がまたまたはじまりました。
エースをねらえに比べると、原作の漫画のテレビ放映も古く、
きちんとしたストーリーを覚えていませんし、
登場人物も意外と地味ですよね。

今回のドラマも、設定は原作に近いけれど、
ストーリーは原作とはかけ離れているような気がします。

なんか、エースをねらえのドラマに近いストーリーのような気がします。

実は、
外来の看護婦さんに原作の漫画を全巻借りて、
今読んでいるところなんですが、
原作は、100%「スポ根」というところです。
あのころならば受け入れられたかもしれないけれど、
現代では受け入れられにくい、というか理解しにくい内容かもしれません。

こういうところは、もしかしたら「エースをねらえ」とは
少し違ったタイプなのかもしれないです。
私の世代では、それなりに漫画も楽しめますけれどね。
とはいえ、エースほどのめり込めない部分もあります。
まあ、エースは「スポ根」という枠ではくくれないテーマだったりするからね。
それに登場人物達が「ありえない人たち」ばっかりだし。

ドラマがどんな風に進むのか、そういう興味はあるので、
見続けていきます。

ランキングに参加してます。クリックお願いします♪

Drくり坊の子育て応援倶楽部
ドラマレビュー / comments(2) / trackbacks(2)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








私のまわりのバレーボーラーの間では
上戸彩の身体がバレーボーラーとしては貧弱だ!
という、評判(?)です。
なんか、見方がひねくれてるかも。(^_^;)
from. みか / 2005/04/27 12:07 AM
みかりん、久しぶり!
私でも、貧弱だと思うぞ。
話自体が、貧弱だけどね。
from. くり / 2005/04/27 7:44 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://drkuri.jugem.jp/trackback/153
エースをねらえ!『エースをねらえ!』は、日本の漫画家 や-わ行#山本鈴美香|山本鈴美香のスポーツ漫画である。1973年から1980年まで『マーガレット (雑誌)|週刊マーガレット』に連載された作品で、同誌を代表する名作漫画のひとつとして30年以上愛読されてきた。少年少女
このマンガが読みたい! / 2007/02/24 5:34 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- / 2007/07/30 12:13 PM