子どもの心を中心に、からだの面にも目を向けるような診療を心がけています。
女性ならではの、お母さんの目線に近づけるようなお話しができればよいな…と思っています。
日々の診療で思うこと、日常生活の中で感じることなどをつづっています。
最近は、どちらかというと、
普段会えない友人達へのメッセージがわりとなっているようにも思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
麻酔が痛くないとは!!
今日から、虫歯の治療が始まった。
前回、すっかり予約時間を間違えてしまっていたので、今日が麻酔を使っての治療第一回。
子ども時代の「麻酔って痛すぎる」記憶がしっかり刻み付いている私にとっては、
診察台に座った時点で、既に先生と表面上落ち着いて会話することが難しいくらい緊張していた。
手に鏡を持って、本日の治療内容を説明してもらっているときなどは、手がふるえて片手で鏡が持てないので、さりげなく両手で持ったりして…。。。

それでは、治療を始めます、という先生の言葉で、「あ〜麻酔だあ…。」と思っていたら、いつのまにやら麻酔が終わっていた。
「え〜」知らぬ間に終わっているとは…。。
先生の手元には麻酔の注射器もあるし、ちゃんと針も付いている。
なのに、なんで痛くないんだ!針の細さだけではないよね、きっと麻酔液の浸透圧にも違いがあるにちがいない。。。
じゃあ、なぜ小児科医として使っている麻酔の注射は、あんなに痛いのだろう。。。
もしかして、昔よりは痛くなくなっているのだろうか…。
などと、一部仕事モードになりながら、齲歯の治療(ガーガーと削られる)と
知覚過敏にならないように、歯肉を補強する治療を受けていたのだった。

しかし、麻酔がかかっている状態は、昔とあまり変わっていなかった。
しばらく「もしかして唇がたらこ状態!?」という思いを消し去ることができなかった。
それを頭から振り払いつつ、カウンセリングを行っている自分がちょっと悲しかったりもした。
矯正日記 / comments(2) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








 今日は私も歯医者さんに行ってきました。
歯にお薬を塗って、赤くなったらちゃんと磨けてません・・・というチェックを受けて不合格!
 しっかり歯の洗浄してもらいました。
 今日は痛くない治療でよかった。
 そのせいか、口あけて寝そうでした(笑)。
from. たなかけいこ / 2004/08/09 11:06 PM
そうそう、ちゃんと磨けてませんチェックを受けると、
ぜんぜんダメですよね〜。
私もしょっちゅう、「指導」が入ってしまいます。。。

今日も、麻酔をされての虫歯治療でした。
これで、無事に虫歯治療終了です。
痛くないとはいえ、やっぱり歯医者さんでの虫歯治療は怖いです〜。

次回からは、「ホワイトニング」に挑戦!
from. くり坊 / 2004/08/10 8:20 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。